知っておきたいホワイトニングケア

歯医者でホワイトニングを行うメリットとは

歯に汚れが付いている方は、ホワイトニングをして改善をするべきです。自宅で行う方法もありますが、歯科医師にやってもらった方が安心なので、歯医者を利用してください。ただ、歯医者で行う場合は費用が高くなってしまいます。
保険の適用外なので、安く抑えることは難しいです。安いところを選んでもいいのですが、その際は必ず安全性に問題がないかなどを確認してください。安いだけで決めてしまうことは避ける必要があります。

歯医者で歯のホワイトニングをしよう!

歯医者で歯のホワイトニングをしよう! 歯石や歯垢、着色汚れなどによって、歯が汚くなってしまっている人は少なくありません。ただ、歯が汚いと印象が悪くなってしまうので、ホワイトニングをして改善するべきです。ホワイトニングは自宅でも行うことが可能ですが、歯医者で行うことを推奨します。
自宅で行う場合、1ヶ月以上継続しないといけないため、忙しい方には適しません。高い知識と技術を持った歯科医にやってもらった方が、間違いなく安心です。注意点はホワイトニングは保険が適用されないため、費用が高額になってしまうことが多いことです。
安い歯医者を選ぶことは構いませんが、安全性に問題がないか、技術力が高いかなどを確認する必要があります。安いだけで決めて、後悔することになっては本末転倒です。

歯医者でホワイトニングをするときの予備知識

歯医者でホワイトニングをするときの予備知識 ホワイトニングと言うと元々の自分の歯の色を白く明るくする方法で、ときどき歯のクリーニングと混同されることもありますがクリーニングは付着した歯垢・歯石を着色汚れを取り、本来の状態に戻すことを言います。これには歯医者で行うものと家で行うものとがあって、オフィスホワイトニングとかホームホワイトニングなどと呼ばれることもあります。
歯科医で行う方法では1~数回の通院が必要となります。一般的に歯の表面に薬剤を塗布し、光を照射することで薬剤を活性化させ歯を白くしますが、光を照射しないタイプもあります。使用する薬剤の種類や効果によって費用が大きき違って、数千円~数万円という費用がかかります。歯医者によっては施術する歯の本数で金額が設定されていることもあれば、上・下の歯とブロックで金額を設定している歯医者もあります。
この施術は保険がきかない自費診療となるため、かかる費用は医院によってさまざまとなります。中にはこの施術を取り扱っていない歯科医院もありますから事前に確認してから来院しましょう。また施術前には効果や色戻りなどの予備知識についても確認してから行いたいものです。
ホワイトニングは全ての人に有効というわけではありません。妊娠・授乳中の方や小児は不向きですし、神経が死んでいる歯に対しては充分な効果が出ません。また天然の歯に対して有効となるものですから、差し歯や詰め物などには効きません。それからまれにこの施術を行うと歯がしみることがあります。知覚過敏の症状や歯が削れていたり磨り減っていたりする方は要注意です。このようなことが懸念される方は、歯科医でしっかりとカウンセリングを受けてから行いましょう。

おすすめホワイトニング関連リンク

相場より安く、高品質なホワイトニングサロンです。

ホワイトニング 歯